相続・遺言

相続で悩みを抱えている方へ(紛争の深刻さ)

近親者が亡くなられた後、悲しむ暇(いとま)もなく、相続問題に直面することがあります。

仲が良かったはずの兄弟姉妹が、まさかそんなことを言い出すなんてと面喰らい、人間不信に陥る方もいらっしゃいます。相続人の配偶者や、法定相続人ではない親戚まで巻き込むことがあります。

まさに相続問題は、自分の身に降りかかってきて、初めてその深刻さに気付かされるものです。

「遺産分割が思うように進まない」「相続分を放棄しろと一方的に言われるが納得できない」「兄は、親の生前、沢山贈与を受けていたはずだ」「もっと遺産があるのではないか」「遺言があると言うが、何も貰えなくなるのか」等々、相続相談は山積しています。

相続問題はこじれると、解決の糸口を失いかねません。そのような状況になる前に専門家である弁護士から客観的なアドバイスを受けて、適切に対応することによって、早期に円満解決を図ることが大事です。

「相続・遺言」の関連記事はこちら

ご相談の流れはこちらご相談の流れはこちら