破産手続の流れ(同時廃止事件の場合)

①債権者に受任通知を発送します。

通知が届けば、支払い請求が止まります。

②裁判所へ申立

弁護士と相談しながら申立書を作成して裁判所へ提出します。申立書に添付する必要資料(住民票、源泉徴収票、通帳など)も持ってきて頂きます。

③破産手続の開始決定、同時廃止

申立人が支払い不能の状態であるかなど裁判所が確認を行ってから、破産手続の開始を決定します。申立の内容によっては、裁判官から質問を受ける審尋(しんじん)という手続が行われることがあります。この審尋には弁護士も同席します。

④免責手続

免責不許可事由の有無や、債権者や(管財事件では)破産管財人の意見を踏まえ、裁判所が申立人の負債の支払い義務を免除するかどうか判断します。よほどの事情がない限り、破産廃止、免責が認められます。

「破産手続の流れ(同時廃止事件の場合)」の関連記事はこちら

ご相談の流れはこちらご相談の流れはこちら