破産手続の流れ(同時廃止事件の場合)

①債権者に受任通知を発送します。

通知が届けば、支払い請求が止まります。

②裁判所へ申立

弁護士と相談しながら申立書を作成して裁判所へ提出します。申立書に添付する必要資料(住民票、源泉徴収票、通帳など)も持ってきて頂きます。

③破産手続の開始決定、同時廃止

申立人が支払い不能の状態であるかなど裁判所が確認を行ってから、破産手続の開始を決定します。申立の内容によっては、裁判官から質問を受ける審尋(しんじん)という手続が行われることがあります。この審尋には弁護士も同席します。

④免責手続

免責不許可事由の有無や、債権者や(管財事件では)破産管財人の意見を踏まえ、裁判所が申立人の負債の支払い義務を免除するかどうか判断します。よほどの事情がない限り、破産廃止、免責が認められます。


債務整理についてはこちらもご覧下さい

●任意整理(債務整理)の方針 ●任意整理(債務整理)の流れ
●任意整理のメリット・デメリット ●過払い金返還請求
●自己破産とは ●自己破産のメリット・デメリット
●破産手続の流れ(同時廃止事件の場合)  

 

 

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応