弁護士が教える!上手に法律相談を受けるコツ

yoshidalaw 相談弁護士.jpgのサムネール画像

法律相談は原則として1回30分間で行われます。そのため、効率よく相談が進むことが相談者にとって有益ですし、より良いアドバイスを受けることが可能となります。

当事務所では、事件依頼の場合でも、最初は法律相談を受けていただきます。以下は、長年の弁護士経験から、上手な法律相談のコツをお伝えします。

1 事実関係をできるだけ正確に再現しましょう。

当事務所では、関係当事者や事実経過の最低限の情報を得るため、離婚相談、相続相談については、予め準備していただくために、HP上にダウンロードできるように書式を掲げています。
わかる点だけでも事前に記入して相談を受けることができると、効率的に良いアドバイスを受けることが可能になります。

その他、時系列によるメモを作成して準備することをお勧めします。形式は問いません。手書きのメモでも結構です。場合によっては、メモが証拠になることもあります。

相手方や裁判所から書類が来ている場合は、必ず持参して下さい。

不動産が問題となっている場合には、できるだけ登記関係書類を取得して、持参して下さい。

2 相談したい内容をできるだけ明確にしましょう。

時々、「何を相談したいのかが分からなくなってしまった」という方がいらっしゃいます。弁護士に相談をした経験のない人がほとんどですから、相談室では緊張して聞き忘れることがあるかも知れません。そこで、相談したいことを忘れないためにも、相談したい内容を事前にメモに書いておき、相談の際弁護士に示すことも大事です。

3 主観を交えないで伝えてみましょう。

弁護士からの事実関係の質問に対して、それになかなか答えないで、ご自分の解釈や感情をお話になる方がいらっしゃいます。もちろん、ご自身の一大事であることも少なくないため、時には主観が含まれてしまうこともあると思います。

しかし、弁護士は、事実関係から法律上の問題点を抽出し、その後の取るべき方策を考えていますので、できるだけ質問されたことに対してお話していただいたほうが、より良い解決につなげていくためには必要です。

4 なるべく仮定の質問を控えましょう。

相談の最中、「仮に・・・ならどうなるんですか」という「仮に、仮に」の仮定質問を繰り返す方がいらっしゃいます。しかし、法律相談は、現実に起こっているか起こりそうな紛争(事実)について、どのように対処していくかを考える場です。限られた相談時間を上手に使うためには、あまり仮定の質問はせず、現実に起こっていることについて、弁護士にお伝え頂いた方がよい相談ができます。

5 包み隠さず、最初からお話下さい。

相談終了途中や終わるころになって、「他の弁護士に依頼している」、「裁判所から呼び出し状が来ている」、「すでに和解や調停条項がある」、「もう判決が出ている」等、大事なことを開示する方がいらっしゃいます。私たちも、「弁護士には初めての相談ですか」とか、「裁判所から呼び出しがありませんか」と聞くようにしていますが、上記のことはアドバイス内容に密接に関わりますので、重要と思われる経過については、最初にお話して頂く方が良いアドバイスを受けることができます。

6 ご本人と一緒に相談しましょう。

「娘が東京で弁護士を頼んで離婚調停中だが、どうなるのか聞きたい」、「夫が借金をしているが、どうしたらよいか」、「夫が不倫女性の配偶者から慰謝料請求を受けている」として、紛争当事者の本人の代わりに自分が相談しても良いかという相談申し込みが時々あります。当事務所では、ご本人の代わりに相談したいという申し込みがあった場合、ご本人に相談に来て頂くようお話しし、代理相談をお断りする場合があります。

その理由は大きく二つあります。一つ目は、法律相談の基礎は、相談者が体験した事実関係を聞いて判断することにあります。代理の方では当方が聞きたい疑問に全て答えて頂くことができないので、相談の実効性が上がりません。二つ目は、せっかくのアドバイスが全てご本人に正確に伝わるとは限らず、伝言ゲームのように誤って伝えられることが往々にしてあるということです。

ご本人が抱えている問題をスムーズに解決していくためにも、ご本人が相談に行くよう説得することをお勧めします。なお、相談の際、ご本人と同席できるかどうかは、相談内容により判断いたします。

以上6項目を参考に、ご相談を準備して頂くと、より有益な相談ができると思います。ぜひ、法律相談を受ける際のご参考にしてみて下さい。

ご相談の流れはこちらご相談の流れはこちら