任意整理のメリット・デメリット

①任意整理のメリットは以下の通りです。

・弁護士の受任通知によって、債権者からの直接の取立てが止まります。
・引き直し計算によって、借金を減額することができます。
・引き直し計算の結果、過払いが生じている場合、過払金を取り戻せる場合があります。過払い金返還請求の項目をご覧下さい。
・利息制限法違反の借金のみの任意整理が可能です。
・自己破産や個人再生のように官報に掲載されることはありません。
・自己破産のような各種資格制限がありません。
・連帯保証人も同時に依頼を受けることにより、主たる債務者と同じ減額が受けられます。
 

②任意整理のデメリットと思われるのは以下の点です。

受任通知により、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されます。ブラックリストに登録されると、5~7年間は自分名義で借金やローンをすることができなくなります。ただし、相談の段階で支払い遅延に陥っている場合には、すでに登録されていることが多いと思います。当事務所では、過払い金発生の場合には、この登録を変更するよう申入れをします。
 
任意整理はメリットが非常に大きい手続です。借金問題でお悩みになられている方は、ぜひご相談下さい。

「任意整理のメリット・デメリット」の関連記事はこちら

ご相談の流れはこちらご相談の流れはこちら