契約書作成の注意点

契約書の作成は、一般的に販売されているモデル書式を用いて自社で作成することができます。しかし、モデル書式は必ずしも万能ではないケースもありますので、作成の参考にされる場合には、下記のような点において留意しておくことが必要です。

①最新の書式を入手すること

法令は度々改正されます。書式も常に最新のものに更新させておかなければ、現在の法令を踏まえた契約書の作成を行なうことが重要です。

②最も近い内容の書式を選択する

後のトラブルを防止するためにも、契約の内容に最も近い書籍を探していただき、できるだけその内容を忠実に反映する形で契約書を作成しましょう。

③書式に必要な修正を加える

契約の目的やその背景にある事実関係により、当該ケースにそのまま該当するような書式があるとは限りません。このような場合には、書式を部分的に修正して、作成したい内容の書式になるようにしなければなりません。書式を修正する際には、後々問題を起こさないためにも、契約書の基本的な構造を理解していることが必要です。

契約書についてご不明な点がありましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。

 

契約書についてはこちらもご覧下さい

●契約書作成の注意点 ●契約書作成のメリット
●契約書に関するトラブルに対する対処法  

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応