遺留分減殺請求について

「相手から親の公正証書遺言があると言われた。遺留分と言うのがあると聞いたが、どういうものか」という質問も相談で多い例です。


逆に、遺言さえあれば、他の相続人に何もやらなくて済むのかという質問も、遺留分に絡む相談です。

  mendan_13.jpg

民法では、遺言で除かれた一定の相続人に対し、一定の割合による相続財産の確保を保障しています。これが遺留分になります。しかし、遺留分は、自分で請求をしなければ受け取ることができません。この遺留分を受け取るための請求を遺留分減殺請求と言います。


遺留分減殺請求を行うことができるのは、被相続人の配偶者、子、(子がいない場合は)親になり、(親が死去している場合)兄弟姉妹には認められていません。
 
民法には、遺留分減殺請求を行使できる期間が「相続の開始又は減殺の対象となる贈与又は遺贈があった時から1年」となっています。


遺留分が問題になる場合には、相続人間でのトラブルが非常に多いので、トラブルを最小限にするためにも、まずは相続の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。
 

相続・遺言についてはこちらもご覧下さい

●相続で悩みを抱えている方へ(紛争の深刻さ) ●遺産分割協議とは
●弁護士によるサポート ●遺産分割の調停・審判
●遺留分減殺請求について ●特別受益と寄与分
●遺言 ●相続コラム

 

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応